身近な古物営業にあたるモノ

札幌近郊に本やCD、DVD、ゲームの出張買取をおこなっている、ブックオフ札幌出張買取センターの山崎です。

今回はリユース検定で勉強した事を元に
日頃の生活で関わりそうなルールについて書いておきます。

最近は個人間で使い終わったモノを売ったり買ったりする機会が増えましたよね。
でも中古品(古物)を扱った商売をする時は公安委員会の許可が必要って知っていましたか?

古物営業にあたる(許可を受ける必要あり)
・古物を預かり、販売後に手数料をもらう。
・古物を買取、使える部品などを売る。
・古物を買取、レンタルする。
・国内で買った古物を国外に輸出して売る。
・古物市場でのみ古物を買取、一般に販売する。

古物営業にあたらない(許可を受ける必要なし)
・無償で引取った古物を販売する。
・自分の物を売る(最初から転売目的で購入した物品の販売は古物営業)。
・自分が海外で買ってきたものを売る。
・誰でも参加できるフリーマーケットを主催する。

ネットでの営業(インターネットでのオークションなど)も古物営業にあたりますが
古物競りあっせん業、古物競りあっせん業者と呼ばれ許可を取る必要はありませんが届け出は必要になります。

転売目的で集めた物を販売する場合は古物営業の許可が必要になるので注意しましょう。

 

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間10:00~18:00