火曜日カーミュージアム六回目「初代フォルクスワーゲンタイプ2」

こんにちは、季節の変わり目にデリケートな夏野勇です(*´▽`*)

今回は永遠のミニバンのベンチマークである、『フォルクスワーゲン・バス』こと、『フォルクスワーゲン・タイプ2』を紹介します。

フォルクスワーゲンビートルをベースとし、その上にキャブオーバーのボディを載せた車として1950年に登場し、本タイプT1型は1967年まで製造されました。モデルの途中からバンやバスタイプの他ピックアップ、更には特装モデルも登場しています。

この車のヒントはフォルクスワーゲンの工場内で働いていた簡易な運搬車だったそうです。

尚、あくまで本来は商用車であるため、低速のトルクを重視されたギア設定だったこともあり、初期型は最高時速90キロまでしか出ない鈍間だったが、商用車として確実な走行性を求めている以上、大して問題になるどころか、ビートル譲りの乗り心地の良さも相まって問題なかったそうです。

その後、現在までに五世代目まで発売さえているこの車(RR形式は三代目まで、以降はFF形式を採用。三台目以降は乗用モデルに『カラベル』の愛称がつけられる)、近々第六世代も発売されると言われています。

因みに2016年のフォルクスワーゲン社のエイプリルフールはこの車のお風呂(『Bus』ではなく『Bath』)仕様が発売されます、でした(勿論嘘ですが……)

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間10:00~18:00