見たこと無い本入荷 ミス・ドラキュラ

bookoff10403-img600x450-1484814400mp7u4w19297[1]

帯付きで本の状態がきれいなプレミア本の、ミス・ドラキュラなる本入荷しました。

ミス・ドラキュラ

ミス・ドラキュラ』は藤子不二雄Ⓐによる日本の漫画作品。
1975年6月11日号より『女性セブン』(小学館)にて連載されていた。
各話4頁構成。同作者による漫画『無名くん』『オヤジ坊太郎』と並ぶ「変身3部作」と呼ばれている。約6年間連載された。

登場人物

虎木主人公。普段は地味で眼鏡を掛け、男に縁の無さそうなハイミスのOL。
その正体は金髪で金持ちの謎の美女。ミス・ドラキュラとのあだ名があるが、
それは同時に美女の時の通り名でもある。身体能力も高く、賭け事にも強い。
同僚たちが困ると本来の姿で手助けをする。

フーコ虎木の同僚。太っている独身女性。ショートヘアーで毛先にパーマをかけている。
運転技術はゼロで、ヨーコ、虎木を事故に巻き込んだことも。本名は「フサコ」。
四郎というカッコいい弟がいる。作者の作品、パラソルヘンべえに少女時代として出演し
、メモスケを好きになったシーンがあるが、名前はフトミになっていた。

ヨーコ虎木の同僚。細身の独身女性。内はねのショートヘアー。父親ほどの歳の離れた
彼氏がいたりと、作中ではフーコより異性関係が豊富である

佐木一郎虎木の同僚。つり目で口先がとがっている。既婚者で妻の名前は「カズコ」。
女にめっぽう弱いが、全く相手にはされていない。また、いい容姿とはいえないフーコに
何度か欲情したこともある。よく他の同僚と「麻雀北々荘」で麻雀をするが負けてばかり。
「SNACKモモンジャ」の常連。初期は眼鏡をかけていなかったが、作品前半あたりで
眼鏡をかけ始める。作者の作品、無名くん以降はサラリーマンが3人以上出演すると
大抵の場合、スターシステムとしている時が多い。

出羽虎木の同僚。出っ歯。既婚だったが途中で独身になった模様。

部長虎木の部長。ちょび髭。「~だニイ」が口癖。何人か愛人が居る様子。

フランケン『怪物くん』のフランケンにそっくりの虎木の執事。「フンガー」しか言えない。

(ウィキペディア参照)

内容は是非本編をお買い上げの上ご覧ください。

BO中の島店 店長

 

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です