読み終わった絵本、探しています

毎週、金曜日は出張買取センターにまつわる記事を作成しています。

やっと涼しくなってきましたね!
(北海道は朝晩ちょっと肌寒いぐらい・・・)
クーラーのある場所にべったりだった生活から徐々に
解放されそろそろ運動しようかなと考えているだけの山崎です。

話は全く変わって
みなさん小さな頃はどんな本を読んでいましたか?

個人的に絵本がたくさんあるご家庭は裕福なイメージがあります。
※個人の見解です
我が家は裕福ではありませんでしたがお下がりや貰い物で
結構な量の絵本がありました。

子供が読むにハードすぎる原爆の悲惨さを訴える絵本なんかも
本棚に差されていて怯えながら近くの絵本をとりだしていたのを
覚えています。
※’ちいちゃんのかげおくり’という題名でした

最近の絵本は凄いですよね!!
一冊4,000円ぐらいの高価な絵本もたくさんあります。

もちろん高くなってるのは理由があります。
全てが仕掛け絵本になっていたり・・・
音が鳴る仕組みになっていたり・・・
凝っている絵本はほとんど高価なイメージですね。

ちなみに絵本は子供さんが興味を持ってもらえるよう
全ページフルカラー
紙の質も丈夫なモノを使用
通常の絵本だって1,000円以上のモノはざらにあります。
※というかほとんど1,000円を超えています

絵本を読む年代って凄く短いですよね
3歳ぐらいから6歳ぐらいまででしょうか?

でもその年代の子供たちは寝る前にお気に入りの
絵本を読んでもらわないと寝れない。
字は読めないけどお母さんが読んでくれた文章を
全て覚えるまで何度も読んでもらったりしてるんですよね。

好き過ぎてもうボロボロになるまで
読みこんでしまっている絵本を子供たちは
大切に読み続けています。
それを見るとウルっとしてしてきます。

出張買取センターでは定番の絵本から
流行の仕掛け絵本まで幅広く買取をしています。

こどもさんの読まなくなった絵本が
本棚にありましたら是非、出張買取センターに
ご連絡ください。

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です