本の保管って難しいよね

毎週、金曜日は出張買取センターで起きた事を記事にしています。

涼しくなろうと入ったパチンコ屋さんで
財布も身体も震えるほど底冷えした山崎です。
※ちなみに来店していた日直島田さんが誰よりも
崖に近いスランプグラフになっていて恐怖を感じました。

今回は本の保管について
皆さんは本の保管って何か気をつけている事がありますか?

僕は全く気にしていません(汗)

読み終わってドーン!!
トイレにドーン!!
ベッドの脇にドーン!!

もうそこらじゅうに本が転がっている状態
行ってみれば本の墓場
あまり触れない場所にあるとホコリがかぶって痛んでしまうし・・・
かといって通る場所にあれば踏んで折ってしまったり・・・

もうそこら辺のお姫様以上に丁重に扱わないと
痛んでしまうのが本
もう姫というより腫れ物のような扱い

大事に扱おうと本棚を購入しましてね
しっかりと棚に入れて悦に入っていたら・・・
(たまにホコリさえとってあげれば折れる事も破れる事もないぞ・・・なんて言いながら)
西日でどんどん背表紙の色が変わるファンタジー

日光に当たらないように配慮しても・・・
背の高い本棚は蛍光灯で酸化(色ヤケ)がすすみすぎる

かといって暗所にしまおうモノなら新しい微生物たちの巣になっていたり
湿気で本がふにゃふにゃになっていたり・・・

どうにも本をキレイに保管するのは想像以上に難しいようです。
※全て試した結果あきらめて本の墓場スタイルにいきつきました

電子書籍は劣化しなくていいけど
専用のアプリがないと読めないし・・・
結局、読む用の端末が変わったらまたダウンロードや購入しないとダメだし・・・
※何より本をめくっている感じがしないので読書している感じがないのが・・・

そんなわけで最近は本が溜まる(読み終わる?)度に売って整理しています。
とはいえ冬場に買った本がダンボール4箱ほど残っていて
片付けるのも読むのも難儀しています(爆)

本日は最後までおよみいただきまして誠にありがとうございます。

 

 
出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です