父親からの着信を折り返してみたら・・・

札幌近郊にて本やCD、DVD、ゲームの出張買取を
しているブックオフ札幌出張買取センターの山崎です!

随分と久しぶりになりましたが日常の記事を書こうと思います。
・・・といっても色々あったはずなのに記憶に残っている事がないんですよね(笑)

9月の中頃に起きた地震のあとからあった出来事といえば

ほわん

ほわん

ほわわん

 

その日はまだ暑さが残る10月頃
仕事を終え自宅に帰る途中に山崎の携帯が震えました。

着信の名前を見ると父親

どうにも嫌な予感がします。

 

さて皆さんは父親と仲がいいですか?

山崎家の場合は幼少の頃より父親の酒のあてを奪いながら
会話をしていたので割と仲はいい方だと自覚しています。

先日は久しぶりに将棋で対戦してもらい
昔の鬱憤を晴らすかのように中押しで勝利したら
30分以上のありがたい説教をいただくという反撃を食らったほどです。

そんな父親との仲ですが電話では一切、話をしません。
というか電話をかけてきません。
何か用があったりした場合は何故か母親を介してくる為
電話する事がないのです。

そして前回、父親から電話をかけてきたのは20年ほど前
母親が癌になったという連絡でした。

とてもショックだったらしくおろおろしていたんですよね。
あとついでのように父親がリストラした話もしていましたがほとんどの母親の話だけしてました。

・・・で、そんな父親からの着信ですよ。
何かあったのかな?と思うわけじゃないですか。

なんだったら誰かが病気で倒れたか末期なんじゃないかと思いますよね。

 

正解は甥っ子のイタズラでした。
折返しの連絡をいれたら間が悪そうにちょっと言い訳して電話を切られたのです。
そんなに息子と話がしたくないのか父よ(白目)

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です