買取する物が載せきれない場合は別日などに回収に伺います

札幌近郊にて本やCD、DVD、ゲームの出張買取を
しているブックオフ札幌出張買取センターの山崎です!

毎週、金曜日は出張買取関連の記事を作成しています。
・・・と、ひとしきり定型文のような文章から始まりました今回

今回は恐ろしい量の買取をしたというお話です。
うちを頼んでくれるお客様の大半は一度で片付けたと思っている方が大半です。

そんなわけですのでダンボール4箱ぐらいだよ・・・みたいな話で
伺ってみると10箱ぐらいあって車に積めないから別日にもう一度、来てもいいですか?
そんな感じの流れも多々あります。

ただ今回はちょっと違いました。
どのぐらいありました?
2階や1階に大量にあるよ(お客様談)

ちょっと嫌な予感がしてきますよね。
面倒臭がりの人は100冊以上の事を100冊といって我々を困らせます。
101冊でも10,001冊だろうと100冊以上だからです。
我々も何度も騙されている身
もう少し、具体的に数を想像できるように質問を変えてみます。

みかん箱ぐらいの大きさなら何箱ぐらいになりそうですか?
いや~とにかく大量だよ
話し方からして面倒くさがりではなさそう・・・
つまり本当に大量にあって把握できない状況のようです。

さらに質問を変えてみます。
その本があった所は棚ですかね?
棚だとしたら何棚ぐらいあるんでしょうか?

7棚ぐらいに収まりきらず
どんどん溢れた状態になったので量がわからない。
7棚→ざっと2,000冊前後

つまり2,000冊以上の本を出張買取で売りたい。
とはいえダンボール40箱ぐらいならギチギチに買取車に詰めれば
収まる量です。
40箱に満たないぐらいという話だったし大丈夫か・・・
伺ってみると!

玄関あけたら大量の袋
ここにあるので全部ですか?と質問すると
奥の部屋にも2階にも大量にあるという

積んでも積んでも無くならない売りたい本たち
買取車もほぼ一杯

載せても載せても
まだ半分いってないかも・・・とかいう
恐ろしいお客様の忠告を聞きながら車に積み込みするが
限界がきてしまいました。

もう載りません。
これで半分ぐらいイッているかも知れんねぇ。
2階の状況や奥の部屋を見てませんがまだまだ残ってる事だけはビンビンに伝わってきます。

車の荷物をおろしてもう一度くる事を伝えて再度、伺います。
予想以上に多かった時の為に一回り大きな車に変えて
※ハイゼット→キャラバン

・・・で、結局キャラバンが一杯になるほど車に積んで
回収が終わったわけですが4,000冊近い本だったかも知れません。

普通それだけあると本にカビが生えていたり
紙が赤く変色して買えない事が多いんですけどね。
このお客様とても本を大事にされていたようで・・・
半分ぐらいの本を買取して10万近い買取金額になりました。

電話を掛けた時は不審人物みたいな対応でしたが
金額を伝えた途端、とても優しくなりましてね。
とはいえ・・・あなたが本を大事にしてくれたお陰でついた金額です。

とはいえ・・・
4,000冊も倉庫に置いたら一瞬で置き場がなくなりましたからね。
出来る事なら1000冊ぐらいで小まめに出した方がお互い楽ですよ(滝汗)

今回、荷物の運び出しをお客様が手伝ってくれたわけですが
あまりにも汗を書いて灰色のTシャツが黒い斑のTシャツに変わっていましたらね。

全く恐ろしい量が入ってきました。
ちなみに他の買取と被ってなくてこの買取に集中したお陰で3日で査定終了までこぎつける事が出来ました。

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30