まんが道の秘密

札幌近郊にて本やCD、DVD、ゲームの出張買取を
しているブックオフ札幌出張買取センターの山崎です!

毎週、日曜日は日常を記事にしています。

最近、漫画家さんの自伝モノにはまっています。
きっかけはむぎわらしんたろうさん執筆のドラえもん物語を読んだからなんですよね。

むぎわらしんたろう:ドラベースで有名な漫画家
ドラえもん物語:藤子・F・不二雄の最後の弟子と呼ばれ長くアシスタントをしていた作者が見た藤本先生の知られざる素顔を漫画化

マンガを読んで泣いたのっていつぶりぐらいだろう
藤本先生のマンガとの向き合い方がひしひしと伝わってきます。

F先生の物語を読んだら次はA先生ですよね。
そんなわけで我孫子先生のまんが道や愛しりそめし頃にを読み始めたわけなんですけどね。

愛しりそめし頃にの後半巻
出版数が少なすぎて定価の倍ぐらいお金を出さないと手に入らないのです(滝涙)
書店に売っていない11巻と12巻だけ電子書籍で手に入れようか悩む日々が続いているわけです。

ちなみに愛しりそめし頃に
ちょっとした秘密がありまして・・・
当時、執筆していた時に他界していた方は目を黒く塗りつぶされているんですよね。

まんが道の頃は白目も書かれていた藤本先生(作中では才野茂)も
愛しりそめし頃に・・・になると

黒目だけになってしまっています。
1995年に愛しりそめし頃に・・・連載開始
1996年9月藤本先生他界

ちょっと悲しい気持ちになってしまうものの当時のお話が見れるのはマンガファンにとっては凄く嬉しいですよね。
とても細かく書かれていて我孫子先生が凄くマメな方だったと推察できるのと人間臭い表現に思わずニヤっとしてしまいます。

ドラマ版も見たいなぁと思うんですけどねぇ・・・

 

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です