電話予約の流れ

札幌近郊にて本やCD、DVD、ゲームの出張買取を
しているブックオフ札幌出張買取センターの山崎です!

毎週、金曜日は出張買取センターの記事を作成しています。

今回は電話での予約方法です。

引っ越しシーズンが過ぎたとはいえ・・・
新規の方から「初めてなんだけど、どう話せばいいのか・・・わからなくて・・・」
なんてご連絡をいただいてましてね。

あらためて予約の時に話をしている事をまとめてみます。

まず電話をする時に準備して欲しい事
・売りたいモノは何か?
・ざっくりとした量(ダンボール○箱、紙袋○個、30冊の束○個、本棚○etc:車に載せれるか他のお客様の分も載るかで日程を考えています)
・日程の候補(何曜日がいいか?時間は午前、午後どちらがいいか?etc いつでもいい場合だと1番早くに向かえる日程をお伝えできます)

※絶対、必要なモノではありませんがわかっているとスムーズにご案内できます

さて実際の電話をシミュレーションしていきましょう。
まず電話が繋がると機械の女性が「フリーダイヤルです」とアナウンスをします。
※通話中だった場合は留守電に切り替わります
電話が終わってから折返し連絡しますのでお待ち下さい。

受付スタッフ「出張買取センター○○です。」
スタッフが出たら出張買取を頼みたい旨を伝えましょう。

受付スタッフ「どういったモノをお売りいただけますか?」
売りたいモノの種類を教えてください
本、CD、DVD、ゲーム

受付スタッフ「お住まいの地域はどちらですか?」
札幌なら○区といった大雑把な場所で問題ありません

お売りいただける量と地域を元に伺える日程を提案させていただきます。
受付スタッフ「○日の○時~○時ぐらいでお伺い可能ですがいかがでしょうか?」
お客様と相談して日程が決まりましたら詳細をお聞きします。
※名前、詳しい住所、ご連絡先

受付スタッフ「予約は以上ですがご不明な点やご不安な事はないですか?」
わからなかった事や不安な事があればこのタイミングで聞いて解消していただけると幸いです

受付スタッフ「○月○日の○時で承りましたのでよろしくお願いいたします」

予約の電話はこんな感じで進んでいきます。
もし電話で予約を入れた後にキャンセルや時間の変更があった場合は電話をいただいた時に
○月○日の○時に予約を入れていた○○だけど日程の変更orキャンセルをしたいんだけど・・・
なんてお伝えいただければ対応可能です。
どの受付スタッフでもわかるようになっていますので出たスタッフにお伝えください。

もしわからない事があればその都度、スタッフに○○がわからないと
仰っていただければご説明させていただきます。

ちなみにフリーダイヤルなので料金はかかりません
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

出張買取のご予約はこちらから。
クリックで別窓に飛びます

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です