HEAVY RAIN 心の軋むとき

札幌近郊にて本やCD、DVD、ゲームの出張買取を
しているブックオフ札幌出張買取センターの山崎です!

毎週、日曜日は日常の記事を作成しています。

今回の記事はPS3とPS4で発売されている『HEAVY RAIN 心の軋むとき』
元々、PS3でクリアはしていたのですが・・・
PS4の2018年4月のPSプラスにフリープレイゲームとして入っていたので久しぶりにやっているのです。

PSプラスは加入すると毎月2本ほどフリーで遊べるゲームをダウンロードできるようになります。
例え月が変わっても一度、ダウンロードしたゲームならPSプラスに加入していればいつでも遊べる神仕様

このヘビーレイン、発売されたのは2010年
その4年後の2014年は『BEYOND: Two Souls』が発売されました。

どちらもアドベンチャーゲームなんですが映画寄りのゲームです。
プレイヤーを操りながら謎に迫っていくタイプのゲームですが
昔のアドベンチャーと違って没入感がとても強いのが特徴なのです。

歩いたり周りを見たりするのは通常のアドベンチャーと変わりませんが
調べるというコマンドが一種、独特な作りとなっています。

例えば歯磨きをするシーン
通常、歯ブラシを調べたら勝手にするイメージですよね。
このゲームはまずスティックで持つ・・・その後にコントローラーを揺らして歯を磨く
・・・と、いったようなまるで自分がしているかのような操作が没入感を強くさせていくのです。

その没入感のある操作をQTE(クイックタイマーイベント:時限式で起きる特定のボタンを押すイベント 成否でキャラの行動結果が変わる)でしていくと自分もカーチェイスをしているような錯覚を起こしてしまうほどです。

ちなみに話の内容はというと
折り紙殺人鬼を巡って4人の登場キャラの視点で事件の謎を追っていくというモノ
・息子を誘拐された父親
・元警察官の探偵
・駆け出しの新聞記者
・FBI捜査官

謎に近づく度に別の主人公の話に飛ぶので
やり始めたら辞め時が中々、ないのが辛い所

加えていうとPS3版の時に追加シナリオがいくつか出るという話が出たものの
売上が悪かったのか1つだけで頓挫してしまっているという悲しい話があります。
(ソニーの指示で配信中止になったようです・・・残念)

このゲームを僕が知ったきっかけはゲームセンターCXに堀井雄二が出演していて
久しぶりに最後までプレイしたゲームと絶賛していたからなんですよね。
PS4をお持ちの方でPSプラスに加入してる方なら4月いっぱい無料でダウンロードができます。
PS3ユーザーなら中古屋さんに行けば1500円前後で購入できるはずです。
※我が家のヘビーレインは当時のブックオフで1500円ぐらいでした。(今は950円のようです)

 
出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です