本の紹介-にっぽん猫島紀行

札幌近郊に本やCD、DVD、ゲームの出張買取をおこなっている、ブックオフ札幌出張買取センターのkmです。

にっぽん猫島紀行
瀬戸内みなみ (著)

内容(「BOOK」データベースより)

現代日本は、東京オリンピックを目前に控え、確かに豊かで、銀座の街中の残飯を食い争うノラ猫も見受けなくなった整除された社会環境である。人間は、もともとヤマネコであった猫を飼いならし、ペットとして寵愛してきた。近年、猫ブームが巻き起こっているが、その裏では年間7万頭の猫が殺処分されている。身勝手な人間の“飼い捨て”が生んだ結果である。猫にとっての天国は都会にはない。むしろ少子高齢化が象徴的に進む島々こそ、猫にとってのパラダイスなのである。島々に暮らす猫とひとの真実とは…。

この本を読みながら、そういえばこのごろ外をうろうろする猫を最近見ないなあと思いました。猫の話かと思って読み始めましたが、全国の猫島の様子が丁寧に描かれています。猫島といっても、猫と人の関係は千差万別。また、それぞれの島が過疎や高齢化といったいろいろな問題を抱えています。それでも、作者と島の人との人間関係がほんわかしていて、まるで自分も猫島を歩いているような気持ちになりました。巻頭にかわいい猫の写真もいっぱいです。
猫島に行って久しぶりに猫と触れ合ってみたい、そんな気持ちにさせてくれる本です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

 

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です