山崎のスウィートホーム攻略:攻略編

毎週、日曜日は日常を記事にしています。

大人になれば何でもできる!
子供時代はそう思っていましたが実際は子供の頃と
対して変わってない山崎です。

急に小さな頃にクリアを諦めたゲームに挑戦する事にしました。(単なる思いつきです)
今回のゲームは『スウィートホーム』

個人的にトラウマホラー映画という事もあり
コントローラーを握る手が震えてプレイどころではなかった
ゲームです。

ちなみに制作はカプコン
そしてこのスウィートホームを制作したチームは
後のバイオハザードチームとして有名になるのです。

※ファミコンにしては結構、頑張ったグラフィック

ジャンルはRPGに分類されていますが
ちょっと特殊です。
感覚としてはアドベンチャーゲームの方が近いかも知れません。

変わっているポイント
その1 回復が制限されている
普通のRPGは宿屋やレベルアップなどで体力を回復できるポイントがたくさんありますよね
スウィートホームはアイテム『くすりびん』だけが体力を回復できるのです。(全部で8個ぐらい落ちてます)

その2 パーティの構成に制限がある
日本のRPGにありがちな登場キャラは○○人です。でもパーティーは3人までしか組めません。
スウィートホームも5人いますがパーティーは3人までです。(4人目以降をパーティーに加えようとすると断られます)
※戦闘中に助けを呼ぶと合流できます

その3 死ぬと生き返れない
回復が制限されているので察しがつくと思いますが死んだら生き返りません
さらに遺体はずっと残る仕様になっています。
※子供の頃の僕はこれが怖くて諦めました

その4 アイテムの持てる枠が少ない
固有のアイテム1つ、自由に持てるアイテム2、装備品1
キャラごとに自由にもてるアイテムはたったの2
イベントなどで必要な場合は取りに戻る必要性が出てくるかも・・・

その5 コマンド『あきらめる』
あきらめるを押すとあきらめるかあきらめないか選べます。
あきらめる→セーブデータを消してやりなおし(セーブデータは1つしかありません)
あきらめない→最後にセーブした場所からやりなおし

こうやって書くととても難しいそうですがRPG部分はガバガバです。
謎解きを知っていれば2時間前後でクリアしちゃう内容です。
※初めての人であれば5時間~8時間ぐらいが目安です

さて肝心な攻略ですが詳細を載せているサイトがたくさんあるので割愛します。
※なんだったら動画も結構あって驚きました(人気あるゲームだったんですね)

そのかわり、僕が困ったポイントをいくつか

困った1 アイテムがありすぎて何を持っていったらいいかわからない
枠が2つしかないのに新しい部屋にいったらたくさんアイテムが落ちている

必要ないアイテム ポラロイド、クッキー、ほうき、はりがね、まっち
これらはキャラの固有アイテムの代用品です。キャラが死なない限り必要になりません

ぐんて、あんぜんぐつ
これらも特に必要ありません

1度の使用でいらなくなるアイテム
あおいすいしょう、あおいライト

ぼろぼろのいたは5人目が通ろうとすると必ず抜けます
丈夫な板を持っていた方が安全です(使う場所は2箇所だけ)
※通った後にアイテムとして回収可能

困った2 アイテムロストの危険性
モノが持てる枠が圧倒的に少ないスウィートホーム
適当にモノを交換していたらアイテムを失う危険性があるかも知れません。

※供養塔で地下室のカギを取った際、交換したアイテムは画面を切り替えると2度と手に入りません
(スコップを交換してしまった為、最初からやり直しをするハメに・・・)
※みつまたのほこと交換したアイテムは砂に埋もれて2度と取れなくなります

困った3 助けを呼ぶと被害が増える
場所によっては幽霊にさらわれてメンバーが違う部屋につれていかれる場合があります。
合流しようとあせる→穴に落ちる→分断されてピンチ→敵の攻撃で次々と状態異常に・・・→リセット

困った4 エンカウントが多い
このゲームは歩数で敵とのエンカウントを管理している為
どうやっても戦闘は避けられません
(分断された場合は戦闘になりそうな時にパーティを操作すれば安心です)

とはいえ・・・
戦闘が多いので気づけば1人で敵を倒せる武闘派キャラにすぐなります
※くすりびんさえあれば一人でもラスボスといい勝負ができます

最後に・・・
あんなに怖くれて先へ進めなかったのにおっさんになってから
プレイしてみるとずっとツッコミを入れながらになりました(嫌な成長)
そんなわけで次回は山崎のスウィートホーム攻略:ツッコミ編です。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

 
出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です