佐川急便を装った不審なメールが流行っているそうです

毎週、日曜日は日常を記事にしています。

最近、佐川急便を装った不信なメールが流行っているそうです。
届いてすぐに不信なメールと気づいてしまった
悲しきぼっち山崎です。

とはいってもですよ・・・
万に1つの可能性で急に僕に何かを送っているかも・・・じゃないですか
※リンク先をクリックするとウィルスに感染する可能性があります(やめましょう)

 

一番、可能性の高い親に連絡してみます。
山崎『最近さ~何か送った?』
山崎母『あんたに送ったら何でも腐らすから連絡いれるよ』
どうやら先日、送られてきたパンについてお怒りのようです
※賞味期限が切れそうな安売りされたパンを送る事を反省していただきたい
腹ペコの高校生男子だって気づかなかったら腐らしますよ(言い訳してみました)

これを機にかわいい息子に何か送ってもいいよ・・・
そんな言葉を私はぐっと飲み込みました。

何故なら
田舎のおばちゃんは一人暮らしだと再三、伝えても
大家族ぐらいの量を平気で送ってくるからです。
※彼女が元農家の娘というのも量を狂わせる要因かも知れません
先日はカレー10人分ぐらいの野菜が送られてきました(この量は困ると伝えたら他の料理の仕方を教える始末)

これ以上、会話すると本当に送ってきかねない
そう思い、元気にやってるよと言いながら電話を切りました。

続いて友人です。
山崎『最近、モノ送ったよね?』
もう送ってて欲しい願望が先行しすぎて脳内では彼が送ってくれた事になっています。
友人『久しぶりだね~こっちが送ってもらいたいぐらいだけど、それが何か?』
やっぱり彼も送っていないようです。(そりゃそうだ)
※友人と久しぶりの会話を堪能し彼の
愚痴をながながと聞かされぐったりしたので電話を切りました。

結論:見に覚えのない佐川急便からの不審なメールはスパムやウィルス

みなさんもスパムやウィルスには注意しましょう。
こういうのだけ当たりがいいのがくやしいです。(本音)
佐川急便を装った迷惑メールにご注意ください(クリックで佐川急便のページに飛びます)

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です