ワードプレスのテーマ編集をするなら外観から

毎週、日曜日は日常を記事にしています。

とても苦労してた作業がある時をきっかけに
劇的なほど楽に変わる時ってありませんか?
ちょっと前にそんな出来事に出会った山崎です。

本当に驚きました。
まさかいつもやっていた方法が面倒なやり方だったとは・・・

いってみたらエクセルの日付を手入力していたようなもんです。
Ctl+;で入力すれば1秒
now関数なら0秒
かかっても2~3秒とはいえ手間ですよね。

今回、僕がハッとしたのはワードプレスの編集です。

皆さんワードプレスの変更をする時にどこをいじってますか?
まぁもちろん、ダッシュボードの中だと思いますけど・・・

お恥ずかしい話、この数年間ず~~~~~~~~~っと
サーバーの中にいれたファイルを直接、編集していました(滝汗)

ワードプレス⇛ダッシュボード内にある
外観⇛テーマの編集を選べば
現在、WEBページで使われている構文が全て見えます。
画像のように現在、使っているテーマ(研磨ラボはBizVektor)の構文がずらっと並びます

いや~勘違いって怖いですね。
確か、ワードプレスを使おうと思っていた最初の頃は・・・
仕組みやファイルの場所を覚える為に直接、サーバー内のデータをいじっていたんですよね~
まさか勉強の為に面倒なやり方をしていたらそれで覚えてしまっていたとは・・・

なるほどヘッダーは関数でしまいこんでこっちのデータにいれてるんだな
じゃあFFFTPを使ってアップロードしとこうかなみたいな・・・

ワードプレスをあまり知らない人の為にワンポイントレッスン
ワードプレスで表示されているモノはほとんどバラバラにファイル化されています。
数学に出てきたxみたいに代入して使われるのです。
ヘッダー(WEBサイトの上部)フッター(WEBサイトの下部)サイドバー(WEBサイトの横部分)
他にもファイルはたくさんありそれらをまとめてWEBサイトを構築しています。

あそこをいじりたいんだけどテーマの中に文章、いれたんだっけか?・・・みたいな

軽くいじりたいだけなのにとんでもない捜索活動を強いられるっていうね・・・
もう修正はいつも大変だったわけですよ。

・・・で、ワードプレスの修正をしていましてね
ヘッダーの中で使われているフォントがおかしい・・・
でもヘッダーって関数で呼んでいたはずだから名前が違っていたはず(本当はfunctions.php)

そんな感じで探していたわけなんですが・・・
出力されているテーマの外観をいじれば探す範囲は凄く狭いんですよね
多分1/3以下
あの苦労なんだったんだ(途方に暮れる)

お陰でワードプレスの修正は終わり
サイト内のSSL化も終わったわけですよ。

SSL化→サイトとの接続を暗号化すること
入力した内容が第3者にばれにくくなるなど最近、多くの会社で導入され始めている接続方法
URLの横が緑のカギになっていればSSL化が終わっています

そんなわけでSSL化が終わったWEBサイトのURLを貼っておきます。
研磨ラボ

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です