さんまの塩焼きが美味しい季節になりましたね

毎週、日曜日は日常を記事にしています。

年のせいか肉よりも魚が美味しく感じる年頃になった山崎です。
昔は食卓に並んだだけで文句を言っていたさんまの塩焼き(骨をとるのが面倒だったのです)を求め
手や足にブツブツが出るほど食べていたイクラがどうでもいい存在に変わりました。(脂肪分のせいなのかアレルギーなのかはわかりません)

きっかけは健康診断でお肉よりもお魚を多く摂りなさいと忠告されてからだった気がします。
あんなに小さい頃、腹がはちきれるほど食べたがっていたカルビが今では数枚しか食べられなくなりました。
※もしあなたが若くてたくさんのカルビが食べれるなら食べれる時にたくさん食べた方がいいでしょう
今では脳みそが食べたがっているのに体がカルビの油を受け付けない体になってしまいました。
もう一度、食べれる頃に戻れたら借金してでもカルビを食べようと思ってさえいます。

よくドラマや本に出てくる大人たちが
良い肉をほんの少しだけ食べてるのを不思議に思っていた自分も
いつの間にか同じような環境になり自然と思議へと変わったのです。

そうはいっても一人暮らしで焼き魚は難度が高いですよね。
電子レンジでやろうとしてもレンジが生臭くなってしまうし・・・
グリルで焼こうとするとかなりの手間と掃除を余儀なくされてしまいます。

それゆえ、外食時に焼き魚を置いているお店で満足する生活が続いていますが
意外と付け合せの大根おろしもありがたかったりします(笑)
ちょっと大根おろしが食べたい時があっても自宅ではなかなかおろせないですからね。
※串鳥のお通しぐらいで十分なんですけどね

なんだかこんな記事を書いていたらさんまの塩焼きが食べたくなってきました。
今年は台湾や中国の先取り乱獲により日本のさんま漁獲量が下がってきているそうですね。
ちょっと入手が難しくなったのは悲しいですが他の国でも美味しさが
浸透してきているのは最近、食べれるようになった僕としては個人的に共感できて嬉しいです。

 
出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30