運転は余裕が大事

毎週、金曜日はブックオフ出張買取センターであった出来事を記事にしています。

お盆はどうでした。
親戚と会えました?
お墓参りでご先祖様にたくさんご報告できました?
はたまた旅行を満喫できましたか?

近所でやっている盆踊りのBGMを聞きながら
ただただドラクエをしていた山崎です。(THE日常)

職業柄、車を運転する機会がとても多いです。
※お陰で地元以上に地理を覚えました(地元では3秒で迷子です:笑)

・・・で、車に乗っていて
あれ?ってなった事をいくつか書いておきます。

 

緊急走行の救急車に道を譲る

いや・・・
当たり前ですよね。
もしかしたら命に関わるかも知れない事態ですからね。

とはいえ進路を塞ぐように自転車に乗った人が邪魔したり・・・
我先にと言わんばかりに譲らない人を見かけます。

この前なんてですね。
救急車がサイレンを鳴らしながら進路を譲ってもらっているなか
全く譲らないで荒々しい運転をされている方を見ましてね。

この人もさぞ急いでいるようだし
何か緊急な用事があるんだろうなと
その車をボーっと見ていたら・・・
あろう事かパチンコ屋さんに入っていきましてね(憤)
もうねアホかバカかと・・・

救急車に乗ってたのが家族だったら同じ事するんかーい
・・・と、ツッコミながら
目的地へと向かったんですけどね。

近年、どうでもいい内容で救急車を呼ぶ事案が多いという
ニュースが刷り込まれているんですかね?
緊急な場合が多い救急車、ちゃんと道を譲りましょうね!
※譲ろうとして道の真ん中で止まり邪魔になってるケースもあるそうです

 

道を譲らないor無理に割り込む

土地柄なのか・・・
悲しい事に右左折で侵入してきている車を譲らないケースも見かけます。
自分の進行方向が赤でも譲らない人(なんでだー)
前世で信号待ちになんかあって亡くなったのか・・・
この絶対に譲らないマンになっていませんか?
※3秒待つだけで1人が笑顔になります

あと前の人が譲ってもらったのに便乗して割り込むパターン
ゲスな顔で笑っている事があるので自重しましょう(汗)

同じような感じで走行車線を変えようとした時に
絶対に譲らないマンが生まれたりします。
※悲しいモンスター

お盆あけのせいか・・・
いつもより荒い運転の方や
余裕のない運転を見かけたので
自分への戒めとして記事にしてみました。

みなさんはゆとりのある運転をして笑顔で目的地にいきましょうね。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

 
出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です