本の紹介-イヌ・ネコ・ネズミ

こんにちは月曜日更新のkmです。

イヌ・ネコ・ネズミ―彼らはヒトとどう暮してきたか
戸川 幸夫 (著)

内容(「BOOK」データベースより)

ヒトと全面的に生活を共にするイヌ、自分に都合のよいところだけヒトから恩恵を蒙るネコ、どれほど嫌われ駆逐されてもヒトに頼って生きるネズミ…。私たちにとって最も身近な動物とヒトとの関わり方は、三者三様に類似点と相違点とを持つ。本書は、著者がこれまで、動物の飼育・観察・研究に携って来たなかで遭遇した、イヌ・ネコ・ネズミの具体的な行動から、私たちがなかなか気がつきにくい側面を採集した、心暖まる逸話集である

イヌ・ネコ・ネズミの雑学集のような本。主に人や人間社会との関係について書かれている。
犬猫の情報が氾濫している今、ネズミの方が珍しく読めるかも知れない。一般に、ネズミといえば野生動物のイメージを持つ人が多いと思うが、少なくともドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種は、犬や猫と同じくらい人間に依存し人間社会とともに発展した動物だと言うことが読むと理解できると思う。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

 

 

 

 

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です