残念なマンガについて考えてみた⓶

日曜日は日常を記事にしています。

大量に購入した残念なマンガに囲まれながら不自由な生活を送る山崎です。
※主に場所が占有されています

先週は残念なマンガについて考えましたが続きを書いていきましょう

ちなみに残念なマンガとは
世にたくさん出回ったのに支持されずに手離され
需要と供給のバランスが崩壊し目を疑うほど安売りされてしまっている漫画たちの事です。

ちなみに残念なマンガにも色々な種類があります。

1.ストーリーが絶望的に面白くない
残念なマンガあるあるといっていいほど王道な残念スタイル
同じ展開を繰り返す程、離れる読者・・・水戸黄門を目指したはずなのに・・・
時にはストーリーがつまらないのは周知の事実として画集として買い集める猛者もいるのです
突き抜けるとギャグとして人気が出る場合があります

2.設定が受けいれられない
奇抜な設定だったゆえに作者の独りよがりになってしまい
読者が追い付く前に完走(打ち切り)してしまうスタイル
貫いたブラムは偉大だね
山崎は大好物のスタイルです

3.テコ入れに失敗してしまった
最初は日常系のギャグ漫画だったのにバトルマンガになったり
日常系だったのにショッキングサスペンスになったり
人気を出すために付加したテーマで失敗するスタイル
好きだったマンガがこれにより連載終了になると応援していた身としても辛いスタイル

とはいっても残念なマンガは一度は多くの方に手にとってもらっていますからね
言ってみればマンガ界の一発屋みたいなノリですよ

なにかのきっかけで再ブレイクする時だってあるのです!
クール!クール!クール!と連呼していたあの残念なマンガも次作では「勝つのは氷〇!」と
形を変えてブレイクしていましたからね
※最終回でポエムが載っていた時は泡をふく勢いでしたけどね

最後に僕が現在、読んでいる残念マンガのあるあるでお別れしましょう

・料理漫画なのに料理の豆知識が薄い
・考え事は全て入浴しながら(読者サービスだと思われる)
・強敵を倒したらと思ったら新たなライバルががが(人類、全てが敵のスタイル)
・時々、伏線について触れられるが全く興味が湧かない

こうやって書いていくと逆に興味が湧いてもらえるのかな
続きは気にならないものの時間が空いたらちょっとずつ読んでいます(爆)
最後まで読み終わったら良作だと思えるのかも知れませんね

本日は最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です