火曜日カーミュージアム16回目「マツダファミリア800」

皆さんこんにちは、夏野勇です(*´▽`*)三寒四温の日々は服装選びが大変です。

今回は「初代マツダファミリア」について紹介します。

マツダが造った800ccの名前通りのファミリーセダン。ファミリアは1963年10月に販売を始めた。だがその名前に反して一番初めのラインナップは意外にも「バン」だった。これは小型自動車参入は時期尚早との市場調査の結果からだという。バンをベースにした乗用仕様のワゴン、更にセダンを1964年4月から発売した。更に1965年11月にはクーペも追加された。

因みに余談として、ファミリアと同時期に開発されたのがマツダキャロル。此方を先に販売しています。
こちらが『マツダキャロル』

その後は長い間マツダの主力車種だったが2003年10月に後継のマツダアクセラにその座を譲りその歴史に幕を降ろしました。余談ですが、私の教習車が初代アクセラでした(;´∀`)

初代のファミリアには今では信じられない機構がありました。それは前方のナンバープレートを上方にめくり上げるとバンパーにクランク棒を通す穴が有り、バッテリー上がり時にはクランク棒による始動ができました。

商用モデルとワゴンは日本人デザイナーだが、クーペとセダンのデザインがイタリアのコーチビルダー兼デザイン会社のベルトーネだったので、ほのかにイタリア匂いがした車だった。

本日もご来館有難う御座いましたm(__)m出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です