火曜日カーミュージアム15回目「ダットサンブルーバードSSS」

皆さんこんにちは、夏野勇です(*´▽`*)桜の季節でもありますが花粉の季節です(;´∀`)

 

今回は総計三代目のブルーバード、「510型ダットサンブルーバード」、その中でもSSSを紹介します。

 

総計三代目、「510型ブルーバード」として知られるダットサンブルーバード。発売は1967年8月から1972年12月までです。モデル末期の一年程を次代の610型ブルーバードUの下部モデル扱いで並売しています。

エンジンはアルミヘッドのツインキャブ搭載1600cc、100馬力のL16型エンジンを積み、「スーパーソニックライン」と呼ばれるスピード感を漂わせる直線的な外観のデザインが特徴です。フロントウィンドウを大きく傾け、三角窓を持たないのも当時は画期的でした。更に、この車の特筆すべき特徴である四輪独立懸架(前輪はスリット、後輪はセミトレーリング)は当時のドイツのBMWと似た構造で、高い操縦安定性と乗り心地を持っていました。

第18回アフリカサファリラリーに参戦し、総合とチーム優勝を達成した車で、そのため世界基準に到達した日本車の実力を、ひいては日産車を世界に押し出した記念碑でもあります。

尚「SSS」とは「スーパースポーツセダン」の略称で、先代の410型ブルーバードから引き続き使用され、SSSの地位を完全に確立することになります。
ライバルの同クラスのトヨペットコロナとは『BC戦争』のライバルとしてスポーティーなダットサンブルーバードと豪華装備のトヨペットコロナとして激しい販売合戦を繰り広げました(その当時のコロナの項は12回目を参照してください)
今回もご来館有難う御座いましたm(__)m出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です