火曜日カーミュージアム14回目「ポルシェ356Bカルマンハードトップ」

皆さんこんにちは、相棒のエンジンがかかりにくい&相棒が近々替わる(京都からやって来た模様)夏野勇です(*´▽`*)
今回はつい先日出来たばかりの新作から「ポルシェ356Bカルマンハードトップ」を紹介します。学生時代の恩師から、『最近の子はポルシェがわからないらしい』と言われ、説明代わりとしてオーダーされました(;´∀`)<嘘でしょう!?
1959年のフランクフルトモーターショーにおいて、ポルシェ356は1950年からの本格的な量産状態(生産開始は1948年の暮れ、または1949年初頭と言われている)になってから二度目の大幅なマイナーチェンジを発表。ポルシェ356B(T-5型)はこの時登場します。
そして、このモデル末期に登場したのがこれまでのポルシェ向かいのボディ製造会社のロイター社(ロイターの一部が現在自動車用シートで有名なレカロ)製ボディでなく、ポルシェ本社から遠く離れたボディ製造会社カルマン社製ボディを載せたのハードトップ『カルマンハードトップ』です。
最大の特徴は本来カブリオレ(オープンカー)用に用意された着脱式ハードトップを溶接して固定式に変更したことです。これによりなだらかな後ろの傾斜を持つファストバックのクーペとは違う、段違いの傾斜を持ったノッチバックのクーペに仕上がっています。その他、ゼニス製キャブレターに変更した1600cc水平対向エンジンを搭載し、75馬力を発揮。ベースとなったオリジナルより出力が15馬力上がっています。
1961~1962年の僅か二年間の生産台数は1961年に1048台(T-5型ボディベース)、1962年に99台(T-6型ボディベース)と合計1147台と非常に少ないものでした(356Bは1959~1963年までに全体で31192台生産されている)。
今回のイラストのモデルは給油口の位置、フロントウィンドウ前のエアーインテークから1962年製の356Bカルマンハードトップです。
日本国内にも当時の輸入総代理店のミツワ自動車を介して少数輸入されています。
本日もご来館有難う御座いましたm(__)m出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です