火曜日カーミュージアム十回目「マツダサバンナ」

皆さんこんにちは、季節の変わり目に鼻声になっています、夏野勇です( ;∀;)

今回はなにかと噂になっているロータリーエンジンの復活の話。そこで今回はロータリーエンジン搭載の名車を一台紹介します。
マツダサバンナ、ロータリーエンジン搭載車第五弾目の車です(第一弾はコスモ、第二段弾はファミリア、第三弾はルーチェ、第四弾はカペラ)。
この車の特筆すべき点はハコスカGT-R伝説を終わりにさせた車なのです。1971年12月12日に富士TT500マイルにて当時無敵だったハコスカGT-Rの50連勝を阻止したのでした。その後は単一車種でレースで100勝も挙げました。
その後、翌年の日本グランプリ優勝モデルをベースとした12A型ロータリーエンジンを搭載したGTを発売すると、これまでの10A型ロータリーエンジン搭載車と共に更に大ヒットします。
ロータリーエンジンの燃費の関係上、65リットルタンクを搭載しています。そこの君、燃費が悪いとは言ってはいけません(´・ω・`)
ボディタイプクーペ、4ドアセダン、5ドアステーションワゴンの三タイプ。
この車を『RX-3』と言う人がいますが、これは正解。というのも此方は輸出名。さらに通常のピストンエンジンモデルは『グランドファミリア』と言われています。
1978年にサバンナRX-7と交代する形で生産を終えました。

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です