本の紹介-魚食の民

こんにちは月曜日更新のkmです。

魚食の民―日本民族と魚

内容としては、日本人がいかに魚食にこだわってきたのかがわかりやすく書かれている。
「日本人と魚食」では魚の行商や農山村の魚食を例に戦前までの魚食について

「漁る人びと」では海洋民としての歴史的な考察もある。

日本人は、魚を酒菜とよび真菜とよぶほどに遙かな昔から魚に親しんできた魚食の民であり、現代に伝わる豊かな魚食文化を築きあげてきた。魚食の民は漁りの民であり、魚食の歴史はすなわち漁りの歴史でもある。

日本人と魚のかかわりを、日本人‐魚食‐漁業という構図のにまとめています。

出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30