春は出会いと別れの季節

毎週、日曜日は日常の事を記事にしています。

決算棚卸が終わって一安心
連日の在庫カウントのせいか・・・

毎晩、目を瞑ると羊が柵をこえていく代わりに
本が本棚に入っていく
おかしな妄想にうなされている山崎です。

春は出会いと別れの季節
最近、僕の身に起きた別れ話をお伝えしますね。

皆さんはフェイスブックは利用してますか?
正直、僕は見る専用だったりします。(あんまり使っていないのです)

そんなフェイスブックに興味を持たないぼっちが
友達申請を受けたら当然、全部OKにしますよ。
なんだったら外国の方がよくわからない言語で
申請してこようとOKにします。

なんだかよくわからないスパムのような
コメントがついていても勿論OKです。(ウェルカムだぜ!)

そんなゆるゆるな友達申請事情でも・・・
フェイスブックをあんまり活用していないので
友達申請に気付いてOKしようとしたら
取り下げられてる事が多いんですよね(汗)

増減0のはずなのに・・・
ぼっちには-1が何故だか心に響いてしまう
変な罪悪感が残る今日このごろ(もう少し早く気づいていたら友達だったのかな:遠い目)

最近、気づいたら友達申請がきてましてね・・・
そりゃあもうOKと凄い勢いで押してやりましたよ(ドヤ顔)

その後はスパムみたいなコメントを何件か送ってくれていたんですよ
『友達候補にいたから申請だしてみたよ!』
『仲良くなりたいから話をしようよ!』
『君は何をやっている人なんだい?』
ちょっと仕事で立て込んでてメッセージを返信できずに7時間ほど経ったわけですよ。

山崎『仕事も終わったし全力でメッセージ返してやるぜぜぜ!』

・・・

・・・

・・・

 

一切、やりとりもせずに僕の友達(スパム)は忍者のように消えました。
ぼっちに戻っただけなのに何だろう・・・
この虚無感

春はおセンチにさせるなぁ(遠い目)

本日は最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。
出張買取のご予約はこちらから。

電話でも受付しています
0120-913-110
受付時間9:30~18:30

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です