アンフェアなカバーに出会いました

※毎週、日曜日にお送りしている日常記事です。

世の中は広い
十人十色とはよくいったものですよね。
新しい縁に喜んでいる山崎です。

f543b543aad3e95bbf740c111350357f_s

画像は’出会い’で検索してHITしたモノです。
全然、恋愛ネタではありません(笑)

僕がやっている出張買取
色々な人の家に伺って買取をするお仕事です。
それはもう数百軒と周っていたら
面白い人に出会うのは必然ですよね。

売っていただけるモノは本やゲームなどが
多いわけですが皆様やはり大事にされている。

本の日焼け(カバーの色抜け、紙の変色)を
防ぐ為にカバーを上からかぶせたり
ダンボール等に収納して日に当たらないように
工夫されていらっしゃいます。

そんな中で思わず笑ってしまったカバー
実はチラシを折ってカバーの上からかぶせているんですが
題名がわからなくなるといって
新聞の切り抜きで題名をわかるようにしているんです。

5c9bae65656a44f69631d657e4c1de79_s

すごいわかりますよ(笑)
僕も字がど下手ですからね・・・
下手な字が目に入ると何だか恥ずかしいのです。

とはいえ・・・
犯行予告のような本
推理小説好きがこうじた結果なのか
切り抜きで題名が書かれている『アンフェア』

破壊力バツグン過ぎて思わず突っ込まずにいられなかったです。
※お客様は大真面目に作っているので声に出さなかったものの
心の中で笑い転げていました(汗)

山崎『なんでこんな面白い加工しているんですか?(笑)』
照れながらも『お気に入りの本が日焼けしたら嫌でしょ』
もうね・・・雪平のように大の字に寝てやろうかと(爆)

わかるけど意表をつかれ過ぎて
最初に見つけた時、肩がワナワナ震えていたと思います(汗)※笑うのを堪えながらお客様に背を向けてました

まったくアンフェアな罠ですよね。
愉快な発想に驚嘆した話でした。

本日も最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

予約はここから飛んでいけます

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です