ブックオフ札幌出張買取センターは正月も休まず営業中です

お正月とは思えない程
普通に働いています(笑)

旧年中は大変、お世話になりました。
今年もブックオフ札幌出張買取センターを
をどうぞよろしくお願い申し上げます。
5273b310b3e54d4cc28e746ed4ac77c3_s

今回は去年の買取で起きた事件を
ご紹介しつつお茶を濁そうという企画となっております。

 

急に暗証番号を教えられた事件

出張買取は色々なお客様の家に伺います。
一軒家からアパート、マンション

お客様の数だけ住まいに伺いますし
色々な方と交流を深められるのが
この仕事の醍醐味といっても過言ではないでしょう。

あるマンションでの買取に伺った際
入り口に向かうと家族連れがこちらへ向かっていました。
どうやらお目当ての入り口が一緒だったようです。

家族が上の階にあがってからお客様に
オートロックを開けてもらおうと待っていると

小学校低学年ぐらいの男の子が嬉しそうに話しかけてきます。
『番号は84〇32だよ』

「え・・・?」
ってなりますよね(笑)

驚いている僕を見て更に追い打ちを掛けてきます。
『暗証番号は84〇32を押したら自動ドアが開くから!!』

お母さんに止められても暗証番号を連呼する男の子に
僕も負けじと応戦します。

「0328、おじさんの誕生日だよ。プレゼント待ってるからね!」
4e315fa12093df513d663cfcbc095d4d_s

そんな男同士の熱い友情(?)を尻目にお母さんとお姉ちゃんに
ゴミ虫を見るような目で蔑まれたのでした(汗)

知らないおじさんに暗証番号を教えたらダメ絶対

急に暗証番号を教えられるとかありえない事に
とてもパニックになった思い出でした。

ロビーに泥棒みたいな人がたくさんいたら
男の子が暗証番号を教えているかも知れません(怖)

本日も最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です