トラウママンガ『恐怖新聞』をご紹介します

街はすっかり年末ムード
イルミネーションに誘われて
歩けば足を滑らせ無駄に生きてることを
実感させられた山崎です。

(大丈夫?と通行人に聞かれるも
一定の距離を保ち起きあがるのを待たれました)
変な優しさが精神に応えるぜぇ(汗)

そんなわけで(どんなわけよ?)
今回は僕にトラウマを植え付けたマンガのご紹介です。

皆さんはつのだじろうをご存知でしょうか?

遡る事50年程前にオカルトブームの先駆者として有名になった漫画家です。
オカルト漫画がどういったマンガかわからないですよね。
代表作『うしろの百太郎』を少しだけ紹介しましょう。

うしろの百太郎ってこんなマンガ

主人公(剛力彩芽やプールに入っていた後のちびまる子ちゃん藤木に似た容姿)を
している少年がご先祖様と一緒に心霊現象に立ち向かうマンガ
父親が心霊研究をおこなっており、彼の撒いたトラブルで
幾度となく死にかける。

※主人公に飼われている愛犬ゼロは霊に憑依されており
時折、中年の顔で笑う描写は山崎少年の心を搔き乱し
トラウマを植え付けた

image1

さっきまで可愛い小型犬の顔をしていた犬が
突然、中年の顔でゲスな笑いをしやがるのです

ちょっと話がそれてきたので戻しましょう。
今回、紹介したいマンガは『恐怖新聞』です。

恐怖新聞ってこんな話

恐怖新聞とは未来の記事が書かれている新聞。
(大体、知り合いが死ぬとか嫌な記事しかありません)
読む者の寿命を100日奪う呪われた冊子なのである。
主人公:鬼形礼は新聞を読まないように
様々な方法を試し抗うが無情にも彼の手元に
新聞は届き続けるのであった。

またパチスロとして世に販売された際
通常、主人公に良い事が起きた時に
大当たりになるという演出が大半ですが
この『パチスロ恐怖新聞』は事故などの
不幸になった時に大当たりが起きる稀有な
作品に仕上がっていました。

image1

※本当はもっと怖い劇画タッチですが筆者に
画力がないので昭和のギャグマンガティストで
お送りしております

この漫画が山崎家に伝来されたルーツは諸説あるが
玲子夫人の嫁入り道具の一つだった事が有力とされている。
(もっと持ってくるモノがあっただろう母)

当時、小学4年生ぐらいであった山崎少年は
日々の暇を持て余し母が大事にしていた料理本と
一緒にこの恐怖新聞を見つけたのであった。

もちろん小学4年生にとって霊という実態のない存在は
恐怖の対象でしかありえない。
山崎少年は暇に抗う為に読むものの毎晩、トイレに
いこうか膀胱が破裂しそうになるかギリギリの戦いを
強いられていた。

そんな戦いに終止符を打つべく山崎少年は深夜に
この怖すぎる漫画『恐怖新聞』1巻~7巻を
ゴミ箱に投入するが翌日の朝、本棚に戻っているのです。
やだなぁ~怖いなぁ~

今、考えれば玲子夫人が戻していたのは明白ですが
当時の幼い脳みそには心霊現象だと思い
誰にも言えなかった思い出があります。

ちなみにこの『恐怖新聞』数年前に『キガタガキタ』
いう名前で続編も出ております。(注:作者は違います)

真冬のこの季節に恐怖を感じたい方は是非
お手にとっていただきたい漫画なのでした。

本日は最後までお読みいただき誠にありがとうございます

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です