電子書籍と紙媒体の本を考えてみた

深夜2時
自分の咳で起き
この怒りをどこにぶつけようか悩む
山崎です。

電子書籍と紙媒体の本

どちがお好きですか?

中古本を取り扱っている僕が色々な人から聞いた
両者のメリットを考えてみました!

電子書籍の良い所
%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab

電子書籍の良い所は断然

場所をとらない!!

・・・ですよね。

とはいえ、現在は読めるアプリ(端末)が制限されています。
※違法にダウンロードされたファイルを読込させない為

また販売元の出版社が倒産した場合、手元にデータが
残っていなければ読めなくなる可能性があります。

手軽に買う事が出来る。

端末を使ってワンクリックするだけで手元に
読みたい本がある。
一昔前なら絵空事のような扱いが現実になりました。

例え読む場所が暗くても読める。

端末のライトで寝る前や変な時間に起きた場合に
部屋の照明が消えた状態でも読み進める事が可能です。
※睡眠の質が落ちるのでオススメできません。

他には・・・
本の状態が悪くなる事がない
検索しやすい
印刷しやすい

紙媒体の本の良い所
%e6%9c%ac

読む為に必要な物がない。

これが一番なんじゃないかと思ったりもします(笑)
煩わしい端末がなくてもカバンに一冊だけ
忍ばせておけば満喫できるのはやっぱり嬉しい。

書き込んだり印をつける事ができる。

付箋などを使って読みたい箇所に但し書きなどの
カスタマイズが可能。電子書籍でも可能ですが
一目瞭然なのは紙媒体の方が優勢ですね。

支配欲を堪能できる。

本棚に並べてコレクションを集めた高揚感に
浸る方が一定数以上いるようです。
専門の部屋や物置を作ったり借りるなど
枚挙に遑わないですよね。

結局、どちがいいの?

電子書籍側は色々な会社が人気を集めようと
様々な施策で注目させていますが・・・
浸透はいまいち・・・。

一方の紙媒体の本はここ10年で衰退の一途。

お気に入りのすぐに読みたい本は紙媒体
ふとした時に読み返したい本は電子書籍

どちらも一長一短はあるものの
上手く付き合っていきたいですね。

本好きとしては両方の良い所を
利用して出版業界の発展に寄与したいものです。

最後までお読みいただきました誠にありがとうございます。

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です