フォード・フェアレーンスポーツクーペ1963年型

こんにちは、夏野勇ですヽ( ̄▽ ̄)ノ
今回は没イラストとなった
ford-fairlane%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
フォード・フェアレーンスポーツクーペ1963年型について説明します。
このフォード・フェアレーン、発祥は1955年型、フォード・クレストラインの後継モデルとして登場しました。この時はフォードの新型フルサイズ、つまり最も大きい車格の乗用車でした。
その後、1957年と1960年にフルモデルチェンジを行います。
そして1962年からはフォードのフルサイズセダンの主力を後発のフォード・ギャラクシーに譲り、自身は1960年よりラインナップに加わったコンパクトのフォード・ファルコンとフルサイズのフォード・ギャラクシーとの間を埋める、ミドルサイズの車としてモデルチェンジを行います。
この1963年型は62年型のマイナーチェンジとなります(このころのアメ車は四年毎にフルモデルチェンジを行い、一年ごとにマイナーチェンジを行うのが一般的だった)。
同じ車格のライバルのGMのシボレー・シェベル、ポンティアック・GTO、クライスラーのダッジ・880カスタム、AMCのランブラー・アメリカンとは、変速機やボディタイプ、エンジンの組合せの多さで対抗します(組合せでは20通り以上も可能だったという)。
このスポーツクーペはセダンモデルより車高は1インチ低く、145馬力、3.6リッターのV8エンジンを標準搭載していました。
その後、フォード・フェアレーンはフォード・トリノ、及びグラントリノに発展し、オーストラリアでは独自の進化を遂げました。

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です