背景のモチーフは?

こんにちは、夏野勇ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

さて、前回はサーブ96の説明をしましたが、背景について少し触れましたね。

この作品の背景には実はちゃんとしたモチーフがあります。それがこちら

dsc_0669

天塩川の河口近くの道道106号線、天塩河口大橋からの風景です。この天塩川、全国で四番目に長い河川なんですよ。

一昨年、自力で北海道のど真ん中にある地元から稚内へ260キロ以上のドライブをしました。行きは国道232号線をひた走り、帰り道はずっと日本海が見える道道106号線を走りました。その際、この景色に遭遇し、雄大な地平線と、そこを流れる川の流れに感動して描いたのです。私の地元は周囲が山の盆地だから、こういったさえぎる物何もない地平線は見慣れないのです。

さて、何故車が背景に不適と差し替えられたか。その方の話によれば、北海道が開拓地だった頃、酪農業や様々な最新技術はヨーロッパ由来のものが多く、ヨーロッパみたいな部分が強いから、アメリ車よりはヨーロッパの車が合うと言われたからです。

言われてみれば、北海道はサイロと呼ばれる家畜の餌を蓄える円筒型の建物がたくさんありますが、それが北ヨーロッパの牧草地帯に似ていると言われても不思議じゃないかも(北海道も北ですし)。

ではでは本日はここまで(^^♪

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です