「オートミールはじめました」

まずオートミールは何なのかを説明する前に私が毎日口にしているものをご紹介致します。

豆乳、青汁、緑茶、サンクロン(笹の葉のエキス)、オリゴ糖、バナナ、リンゴ、ヨーグルト(脂肪ゼロ)
とまあこんな感じです腸の病気になってからというもの年々健康志向になって気が付いたらこのありさまです。

それなのに今回新たに追加されるとになったのがタイトルにもあるとうり「オートミール」です。
どういったものかというと・・・

燕麦(エンバク)を脱穀して調理しやすく加工したものである。
アングロアメリカでは燕麦を押しつぶすかカットした加工品をオートミールと呼ぶ。
また、粥状に調理したものを指す。それ以外の英語圏では燕麦を挽いた粉製品を意味する。

欧米では当たり前に食べられているこのオートミールですが日本ではあまり浸透していないというか
みんなコーンフレークの方を食べてる人が多いですね。
オートミール自体には味がない為、そのままだと不味いし調理が必要なのでコーンフレークにいっちゃうんだな皆。

最近ではオートミールのレシピも沢山増えてどれも簡単に出来るものばかりです。
注目すべき点はやはりその栄養価にあります、玄米とくらべると食物繊維3.5倍、鉄分2倍、カルシウム5倍にもなります。

食物繊維は腸内環境を改善し、お通じを促してくれます。
便秘だと代謝が下がって太りやすくなります。
ですから、食物繊維を摂取することで便秘を解消できれば、
ダイエット効果が期待できます。

また、糖質の吸収されるスピードがゆっくりです。
糖質がゆっくり長時間かけて吸収されれは、
長時間空腹感を感じないので、食べ過ぎを防ぐことができます。
また、オートミールは低カロリーです。
1食30gで約114kcalです。
GI値が低いので、 糖質を摂取しても血糖値の上がり方が緩やかです。
インスリンの分泌も抑えることができるので、 体内に脂肪が蓄積されることもなくなります。
すなわちダイエット食にも向いていて栄養価も高いので健康にもなれます。

今回は知り合いの医師から進められて始めることになりましたが、
今後も良いものがあればどんどん取り入れていくつもりです(例えそれが不味くても)
少しでも体調が良くなるように日々の管理を徹底していきたいと思います。

後は筋トレも頑張ります(目標は刃牙の身体かな(笑))
継続は力なり
まってろ3か月後の自分

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です