カプセルホテルってこんな場所

台風直撃のあの日・・・
間の悪い友人と久しぶりに飲みに行くことになり
LINEで連絡をしてみると
『身軽の恰好に着替えてから行くわ』
こいつ食い逃げする気なのか?
久しぶりの再会が今生の別れになる予感が
止まらない山崎です。

2か月前から飲みに行こうといわれたものの
緊急避難警報が10分おきに流れたこの日・・・

流石に飲まずに帰ってやろうと本気で悩みました(汗)
とはいえ久しぶりに千葉や十勝から友人が来るらしいので
それはもう嫌々(何様?)逢いにいきましたよ
dd7dbe9ccd4ea252ea9bec7bfa2b1a9d_s

そして帰るのが面倒になり
生まれ初めてカプセルホテルって奴に泊まりました。

今回はカプセルホテルを軽く紹介します。

そこはビル4F~8Fまでがカプセルホテルという作り

4F、5Fは2段ベッド
6Fは2段ベッドだけど仕切りを作って生活音が聞こえづらい作り
7Fは食堂+休憩スペース+仮眠室
8Fはフロント+大浴場+コインランドリー

・・・と、いった作りになっているのです。

カプセルホテルの金額ですが質素な作りで2,000~3000円ぐらい
ちょっと仕切りのついた方なら3,000円~4,000円ぐらい
(会員割引で下限に近付きます)

サウナにマンガ喫茶(休憩スペース)があってベッドも
ついているって考えると破格の金額な気もします。

423c8f5ed441a3bf29106ba69eef5060_s

ちょっと気になった所を何点かだけお伝えしますね
・匂いがすっぱい
(登山部の先輩が鬼のように朝練した後の匂い)
※ちなみに僕も言っててわかりません
そこまで鼻にくるわけではありませんが(微量な汗の匂い)
あれ?この空間、ちょっと違うぞと感じるレベルです。

・仮眠室に近づけない
半開きに空いたドアの向こうにゾンビと間違えそうな
寝ているお客さんが見えます。

・寝れるかどうかは運次第
自分が泊まった近くにいびきをする人がいるか
どうかで睡眠導入難度がぐっと変わります。
たま~に他人のアラームで一緒に起きる事案もあり

・全体的に照明が暗い
寝ているスペースから上のラウンジまでとにかく
暗い作りになっていました。

 

ホテルより質素だけどマンガ喫茶には泊まりたくない・・・
そんな時の選択肢にはありかなと思いました。
色々と施設も充実していますしね。

※電気風呂だけは近くの注意書き’入浴は3分以内’
恐ろしすぎて体験できなかったりしましたけどね(爆)

 

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です