本の紹介-帰らざる荒野

uma帰宅時になんの気なく聴いていたラジオから知った本を紹介します。

帰らざる荒野
開拓期の北海道を舞台にした「和製西部劇」

ラジオ放送を私が聴き始めた場面は、あてもなくふらふらしていた男が風のうわさで

実家の虻田牧場に危機があることを知り急いで帰郷。
状況把握を必死にしていた所でした。

そして今週はここまで、また次週。

・・・と、次週の話ががとても気になったけれども、

そこまで気にして視聴していたわけでないので

次にそのラジオを聞いた時には別作品の放送になっていました。

あれ?虻田牧場の危機は?その後どうなったの?(聞き逃してしまった)

聞き逃した続きがどういう終わりになったのかもやもやしてたのでPCで検索した結果、

書籍からラジオドラマ化していたことを知りました。

ラジオからでも書籍作品を知るきっかけでした。