本の匂いをとる裏技

出張買取センターの山崎です。

 

本でお悩みの事ありませんか?

高く売りたい・・・

置き場所がなくて困ってる・・・

匂いがうつっちゃって・・・

色が変わっちゃって・・・

面白い本の見つけ方が・・・

 

という事で数々の質問をないがしろにしつつ

本についた匂いをとる裏技を伝授します!

 

本は紙ができていて匂いが移り易いんですよね。

タバコの匂い・・・

湿気の匂い・・・

芳香剤の匂い・・・

部屋の諸々の生活臭・・・

 

いい匂いなら嬉しいんですけど・・・

それだけじゃないのが現実!

嫌な匂い

ちょっとタバコの匂いがするこの本に裏技を使ってみましょう。

 

用意する物は・・・

 

 

新聞紙!!!

 

※無い場合は1部だけ購入してもいいかも知れません

 

やり方は簡単

新聞紙を本のサイズよりちょっと大きめに切ります

新聞

 

とにかく切ります

どんどん切ります

 

 

大量に切った新聞紙を本に挟みます。

どんどん挟みます

CIMG4951

とにかく挟みます

 

こんなので匂いがとれるのか?という疑問を横に・・・

 

挟みこみまくりましょう

そうです

ページというページにどんどん挟んでいきましょう

CIMG4952

 

で・・・

完成したのが

フラッシュを炊いたら見づらくなってしまいましたが・・・

大量の新聞紙を匂いの気になる本に挟み込んだら準備OKです!

 

 

さあ新聞紙の活躍を待ちましょう

 

ご飯を食べ過ぎてきついお腹や・・・

連絡がこなくなって怒ってる事・・・

あの困った事案について悩んでいた日々・・・

 

これらを時間が解決した頃、そっと本の匂いを嗅いでください。

あの嫌だった匂いがとれましたね!

 

ちなみにこの現象は新聞紙についているインクが匂いを吸着しているからで

全ての匂いがとれるわけではありません。

 

気になる本があったら是非、お試しください。

意外と匂いがとれてビックリしますよ~

 

 

 

 

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です