火車

どーも山崎です

閲覧ありがとうございます


今回は小説『火車』をご紹介します


著者:宮部みゆき 出版社:新潮社

火車 (新潮文庫)/新潮社
¥1,040
Amazon.co.jp

雑誌に執筆されていたのが今から20年以上前になる

社会派ミステリです

第6回山本周五郎賞受賞

『このミステリーがすごい!』ベストオブベスト第1位

数々の賞を受賞し、テレビドラマと映画の題材になった人気作です

内容は休職中の刑事に親戚から失踪した婚約者を探して欲しいと

頼まれる事から始まり

婚約者を追っていくうちに自分が近づこうとしている人物の

謎や疑問に翻弄されていく

ページ数は600を越えていますが読み易く

中だるみのない疾走感は流石の一言です

時代背景がカード破産が世間で騒がれる少し前ですので

読むと多少の違和感があるかも知れませんが

当時、読んでいればすごい衝撃になった事は容易に

想像できます

最後が少し読者任せな部分はありますが

女性らしい優しさが見え隠れしていて個人的には好きな作品です

お薦め度

—–

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。