頼み方

どーも山崎です

仕事帰りにほぼ毎日といっていい程

通り道のスーパーに寄って夕飯の材料を

買って帰るんですが昨日、こんな事がありました

いつもの様に夕飯は何にしようかと

店内を歩いていると元気な声が聞こえてくるのです
Σ(゚д゚;)

何だろうと?見てみると

お母さん見つけたよ

次は何がほしいの

幼稚園に通っているぐらいの小さな男の子が

買い物の手伝いでお店の中を

一生懸命に探しまわっているのでした

お母さんは赤ちゃんをあやしながら日用雑貨を見ていて

男の子がお目当ての物を持って来てくれる度に

○○くんすごい助かるわぁ


ありがとう

これもそうなんだけどお母さんは
もう少し小さいのが欲しいなぁ

なんて言いながら男の子を褒めて誘導していたんです

そんなお母さんの優しい言葉に後押しされ男の子は

店内を歩きまわり今晩の夕飯で使われるであろう食材を

宝物を探すかのように喜んで集めていました

それを見て思ったのです

人に頼む時はこうでなくちゃと

早速、同じ雰囲気でスタッフに頼んだ所

どうかしましたか?体調でも悪いんですか?

と身体の心配をされてしまいました

お願い事を喜んでやってもらえるあのお母さんの

領域に達するにはまだまだ遠いな~と思いつつ

ありがとう俺の身体は大丈夫だから仕事して

と荒んだ返しになってしまいましたとさ


■BOOK OFF札幌出張買取センターのお店情報■

年中無休で札幌近郊に出張買取で伺っています。

予約状況、気になる点があれば是非、お問い合わせください。

【フリーダイヤル】0120-913-110

【営業時間】10:00~19:00

【出張買取担当地域】札幌市全域、江別市、当別町、北広島市

【定休日】なし

【料金】無料

【住所】札幌市白石区菊水元町2条2丁目4-15

【ホームページ】http://bookoff-kaitori.com/

よろしくお願い致します m(_ _ )m

—–

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。