古書と古本の違い

どーも山崎です

今回のテーマは『古書と古本の違い』です

古書(こしょ)と古本(ふるほん)と言われてどんな

印象をお持ちですか

個人的にですが古書を取り扱いしているお店のイメージは

ちょっと気難しそうな職人気質なおじいちゃんが

そろばんを弾きながら店の奥で眼鏡を光らせている感じです

一方、古本を取り扱うお店はブックオフのような

リサイクル店といった印象でしょうか


札幌で本の出張買取をしております。ぜひお売りください。
調べて見ると古書(こしょ)も古本(ふるほん)も明確な違いは

一般書店で手に入るかどうかのようです

どちらも一度、誰かの手に渡った中古本の事ですが

古書は一般書店で手に入らない絶版になっている本を指し

古本は一般書店で手に入る物の事だそうです


札幌で本の出張買取をしております。ぜひお売りください。
因みに古書の中でもさらに希少価値の高いものを古典籍
とよんで

区別する事もあるそうですよ

■BOOK OFF札幌出張買取センターのお店情報■

年中無休で札幌近郊に出張買取で伺っています。

予約状況、気になる点があれば是非、お問い合わせください。

【フリーダイヤル】0120-913-110

【営業時間】10:00~19:00

【出張買取担当地域】札幌市全域、江別市、当別町、北広島市

【定休日】なし

【料金】無料

【住所】札幌市白石区菊水元町2条2丁目4-15

【ホームページ】http://bookoff-kaitori.com/

よろしくお願い致します m(_ _ )m

—–

あなたの大切な本、引き継がせてください

出張買取センター新CTA001 (1)

 

あなたの大切な本を待っている人がいます。ご不要になった本やCD・DVD、ゲームがありましたら、ぜひブックオフへお預けください。次の方へお届けいたします。